「水道水の成分」

皆さんのご家庭にある水道水ですが、普段何気なく使われていると思います。
しかし、こんなことを聞いたことはありませんか? 「水道水に有害物質が入っている」 実際、引越ししたてのお風呂に入ると肌がかゆくなったりする方もいらっしゃいます。
ご存知の方は浄水器を設置したり、食事の支度や飲み水は全てミネラルウォーターを 使っているという方も多いと思います。
では、いったいどんな有害物質が入っているのでしょうか。

「塩素」

まず有名なところでは「塩素」ですね。
なぜ塩素が入っているかと言うと、 私たちが使っている水道水は、元はトイレの水や食器を洗った水、お風呂の水が 下水に流れていきますが、この水が水道水の原水なのです。
いろいろなところから集まった水が原水となりますので、当然大腸菌や雑菌がうようよ いるわけです。
このまま飲むなんてことはもちろんできませんので、この雑菌を殺すために 塩素が使われています。
浄水場に流れ着いた水は2回塩素で雑菌の除去をします。
このとき使われている塩素が残留塩素として残っているのです。
水道水の安全を確保するために塩素は必要なものです。
日本では、水道法というものがあり、1リットルあたりに0.1mgの塩素が残るように 決められています。
ということは、浄水場から一番遠い家で0.1mgですので、逆に浄水場から一番近い家 の塩素濃度は1リットルあたり1mgにもなるそうです。
この濃度はスイミングプールの塩素濃度より高い値です。
塩素は公衆衛生を守るために必要なものですが、「病原菌を死滅させる薬品」ですので、 人体に無害ではありません。
人間も細胞の塊ですので、毎日数万個の細胞が死んでいるのかと思うと、少なからず 人体にも影響があるということになります。

「アルミ」

あとは、アルツハイマーの原因とされる「アルミ」が含まれています。
アルミと言ってもアルミの欠片などが入っているわけではなく、これも浄水場で細かい ゴミや塵を沈殿させる工程があるのですが、この時に凝集剤として使われるのが 「硫化アルミニウム」や「ポリ塩化アルミニウム」などアルミが含まれた薬品なのです。
液体化したアルミニウムは水道水に残ってしまいますので、アルミニウムを飲んでいる のと同じということになります。

「トリハロメタン」

そして、これも有名ですが発がん性物質とされている「トリハロメタン」です。
実は最も危険なのはトリハロメタンで、これは塩素で消毒するときに生まれてくる 発がん性物質です。
トリハロメタンは発ガンだけではなく流産や肝臓・腎臓機能に障害をもたらすとも 言われています。

水道管の危険

浄水場からの水だけが危険なわけではなく、水道管も危険なところなのです。
それは水道管の材質なのですが、すでに使用禁止になっている鉛管やアスベスト管が まだ使われているところが全国に20%も残っています。
この鉛管からは少量ずつですが、鉛が溶け出していますし、アスベスト管も少量ですが アスベスト繊維が溶け出して水道水に混ざっています。
この鉛管やアスベスト管を通った水道水には、脳の成長を阻害したり、脳障害、痴呆、 腎臓障害などを引き起こす可能性があると言われています。
現在水道管に使われている塩ビ管も問題です。
ここでもまた塩ビが水道水に溶け出し、環境ホルモンを誘発すると言われています。
環境ホルモンとは精子の減少、不妊症、性行動の異常、性同一性障害、卵巣がん、乳がん などです。
あと、田舎の水道水はおいしいと言われていますが田舎では田んぼや畑が多いので 農薬の混ざった水がそのまま浄水場に運ばれていますので、田舎の水が安全な わけではありません。
こうして見ると、いかに水道水をそのまま飲むことが恐ろしいか、お分かりになると 思います。
浄水器の必要性、ミネラルウォーターの必要性がご理解いただけたのではないでしょうか。