「それぞれの水が人体に及ぼす影響」

「水」と聞いて何を思い浮かべますか? 水道水、ミネラルウォーター、浄水器、天然水、海洋深層水など、水にはとても たくさんの種類があります。
同じ水なので、どの水を飲んでも同じと思われる方はいらっしゃいますか? そんな方はいませんよね。
同じ水ではありません。
それぞれの水で、人体に働きかける影響というのは 全く違います。

「水道水」

今挙げた水の中で人体に影響を及ぼす水があります。
それは、「水道水」です。
私たちが一番使う水ではないでしょうか。
しかし、その水道水には塩素がとても多く含まれていますし、トリハロメタン、 アルミ、鉛、トリハロメタンなど、人体に悪影響を及ぼす成分がとてもたくさん 入っています。
これらの物質は発がん性物質であったり、腎臓や肝臓機能に影響を及ぼしたり、 脳障害、痴呆症、アルツハイマーを引き起こしたり、流産や不妊症、精子の異常、 卵巣の異常など、人体に及ぼす影響は計り知れません。
これは、皆さんご存知だと思いますので、水道水から直接水を飲んだり、料理に 使ったりということはされていないと思います。

「ミネラルウォーターを飲もう」

しかし、いきなりそんなに高額なものなんて手がでないという方は水を購入されていると 思います。
いわゆるミネラルウォーターと呼ばれるものですが、天然水や海洋深層水もこの部類に 入ります。
ミネラルウォーターは、その名の通り、人体の体液とほとんど同じ成分のミネラル成分が 含まれています。
持ち帰りが少し重いですが、人体が欲している成分の入った水ですので、体に有害どころか、いいことがいっぱいです。
ミネラルは食事から全てのものを摂るということは難しいので、ミネラルウォーターで 補充する方が一番早いですね。
ミネラルウォーターや浄水器は、いわば私たちの命をつなぐものです。
ご家庭の使用状況に合わせて、水道水からミネラルウォーターか浄水器設置をお勧め します。
健康のために、最初にしなくてはいけないのは水の改善ではないでしょうか。